ワークショップ
アート系実践Ⅰ

文学Ⅱ 「折々のうた」を書く―大岡信の仕事を体験する―

開催日・会場

  • 2017年7月10日(月) 14:25〜17:35 静岡大学教育学部J棟303

講師

ワークショップの内容

前半は、三島市のご出身で、この4月に逝去された大岡信さんの幅広い活動について紹介があり、また朝日新聞に30年弱もの歳月にわたって書き連ねてきた「折々のうた」の特色について解説がありました。次いで、大岡さんの4篇の詩が例示され、皆で声に出して読むことで少しずつ詩になじんでゆきました。
後半は、例示された大岡さんの詩を対象に、受講者が「折々のうた」を執筆するというワークショップを行いました。まず、長い詩の中から2行程度を抽出し、そのポイントを自分の言葉でまず300字程度で表し、さらに180字に圧縮するという内容です。自分の感じたことを簡潔な言葉として表現することの難しさ・奥深さを通して、大岡さんの仕事を追体験するとともに、文章表現における応用力を養うワークショップになりました。