講師紹介

鈴木 卓爾(すずき たくじ)

映画監督・俳優  京都造形芸術大学准教授

「撮影 制野善彦」

 

鈴木卓爾 Takuji Suzuki 映画監督・俳優

1967年生れ。静岡県磐田市出身。高校時代に、美術部の活動で8ミリフィルムを使ったアニメーション映画を作る。東京造形大学在学中に制作した実写作品『にじ』(87年)がぴあフィルムフェスティバル88で審査員特別賞を受賞する。主な長編映画監督作品に『私は猫ストーカー』(2009年、第31回ヨコハマ映画祭新人監督賞、第19回日本プロフェッショナル大賞作品賞、新人監督賞を受賞)、『ゲゲゲの女房』(2010年、第25回高崎映画祭最優秀監督賞を受賞)、『楽隊のうさぎ』(2013年)、『ジョギング渡り鳥』(2016年、第8回多摩映画賞で特別賞を受賞)など。1994年より俳優としても活動する。出演作品として、市川準監督『トキワ荘の青春』(1997年)、西谷弘監督『容疑者Xの献身』(2008年)、吉田恵輔監督『ヒメアノ〜ル』(2016年)、大森立嗣監督『セトウツミ』(2016年)、岸善幸監督『あゝ、荒野(前篇・後編)』等がある。『ゾンからのメッセージ』が2018年夏、ポレポレ東中野での公開を皮切りに全国順次公開予定。最新作は、京都の路面電車を題材にした映画『嵐電』(2019年公開予定)。2016年4月より、京都造形芸術大学映画学科准教授を勤める。

担当授業

平成30年度