講師紹介

松井 勅尚(まつい ときなり)

岐阜県立森林文化アカデミー教授  彫刻家 木育実践研究者

 

1993年。旧天竜市熊にて8年間ほぼ自給自足の生活を送る。人が生きるための自然との基本的な繋がりに気づき、人と他の生き物(自然)の命を分けない日本人の価値観(アート)をテーマとし、作品制作/展覧会企画/WS開発を実践。

1998年。インドのダラム・サラにてチベット文化の調査及びダライ・ラマ14世の講話を聴く縁を頂き、聖地を知る。人の心の課題に向き合うものづくりを正面から模索し「ものづくりセラピー」WSを開催。

2014年。文化と子どもを真ん中に置いたまちづくりで有名なレッジョ・エミリア・アプローチを視察。根幹は「平和教育」であることに感銘を受け、「MOTTAINAI工房」・「木育カフェ」プログラムを開発し実施中。全国にて木育研修を展開。

静岡大学大学院教育学研究科造形制作論専修修了。一陽会彫刻部委員。

『幼児の心とからだを育むはじめての木育』編著(黎明書房)。

http://www.forest.ac.jp/teachers/matsui-tokinari/

 

※添付作品写真キャプション

タイトル:『魂の種子・・・オボシメシ』

素材:ヒノキ、クス、機織機廃材(木材)、鉛、金箔、アクリル、組紐

展示場所:国立新美術館 第63回一陽展

制作年:2017年