お知らせ

1月28日「文学Ⅷ 芸術をめぐる思考 1968年展に向けて」のワークショップを開催しました

2019年2月8日

1月28日(月)に、文学分野のワークショップ「芸術をめぐる思考 1968年展に向けて」を開催しました。ファシリテーターは中村ともえ先生(静岡大学教育学領域准教授)で、ゲストとして静岡県立美術館の川谷承子学芸員をお迎えしました。静岡県立美術館にて近々開催される「1968年 激動の時代の芸術」展を前に、その時代の芸術をめぐる言葉の強度に向き合おうというものです。
最初は中村先生による、何故「1968年」なのかについての趣旨説明。またここで取り上げる「芸術をめぐる思考」は、特定の運動やジャンルに焦点を合わせるものではなく、ジャンル横断的な批評や理論とのこと。
ワークショップは、川谷学芸員による展覧会についての紹介をはさみ、前半と後半の2部構成でした。

【ワークショップ(前半・全体)】混ぜて、分割して、音読する
まず、中村先生特製の言葉のカードが紹介されました。批評家や芸術家25名による41の文章から、その核心とも言うべき箇所が抜き出され、さらにそれを4つに分割した断片がカードになっています。シャッフルされたカードを、受講者ごとに8枚配布されました。この段階では著者名や書名また芸術ジャンルは伏せられ、番号のみ明示されています。
次で、中村先生が番号を示し、その番号のカードを持っている人が立って、分割されている4枚を順番に、大きな声でゆっくりめに音読してゆきます。内容の理解や解説は後に回して、「言葉(の力)だけに集中すること、言葉の生の状態に向き合うこと」が求められました。一つの文章を読み終えると、その最初のカードを持っている人に残りの3枚が渡されます。12の文章か13の文章を音読したところで、前半のワークを終了。教室には、1968年に飛び交っていた芸術をめぐる言葉が、確かな存在感を持って立ち上がってきました。
最後に、中村先生からカードの出典を記した一覧と、著者の人名・著書名リストが配布され、文の冒頭部のカードに、その著者名と文の標題を書き入れました。

【講演】「1968年 激動の時代の芸術」展について(川谷承子学芸員)
「1968年」展は、千葉市美術館、北九州市立美術館との共同企画であること、また特定の年をジャンル横断的に輪切りで示す展覧会は珍しいという説明があり、前半に行われた1968年前後の言葉が、展示作品や資料の背後に存在しているという指摘がありました。スライドで、主な展示作品の紹介があり、また静岡と縁の深い美術批評家の石子順造や静岡在住の美術家によるグループ幻触の活動を、その時代のアクチュアリティの中で見直す機会でもあることが語られました。展示される作品と関連資料の数は、通常の展覧会を大きく超える400点以上というボリューム。「資料も作品も全て等価に提示されている」という言葉が印象に残りました。

【ワークショップ(後半・グループ)】集めて、つきあわせて、考える
後半は、受講者の手元に4分割したカードが全て揃い、また著者名とジャンル、文章の標題が分かっている状態でスタートしました。
そしてそこから、さしあたり文章の主張や論旨ではなく、キーワードのみを拾い上げるワークを行いました。まずは個人で、次いでグループでそれぞれ拾い上げたキーワードと文章との関係を紹介し合い、その後、グループの中でさらに共通するキーワードがあるかが、話し合われました。
その後、3つのグループから、グループで話し合われたことについて報告があり、ワークショップを終了。
最後に中村先生から、各自の手元にあるカードがプレゼントされ、また配付資料を参照して、このワークショップで取り上げた文章を読んでみることが奨められて全ての活動を終了しました。

難解とされる「現代美術」の展覧会を前に、その背後に存在する思考や言葉に焦点を当てたワークショップを行うことは、意味深い実践だったように思います。2月10日から開催される「1968年 激動の時代の芸術」展への期待や関心が高まったことは間違いありません。