お知らせ

8月6日「食文化Ⅰ」2回目のワークショップを開催しました。

2018年8月10日

講師は前回に続き、料理家の按田優子さんです。

前回第1回目のワークショップで、自身が地域ときちっと向き合うことで課題を解決してくための宿題が出されました。内容は、以下A,B,Cから業態を選択し(複数可)、いくつかの設問に答えていくというものです。

・業態A「旅館で出てくる朝食」

・業態B「ビジネスホテルの朝食バイキングの数品」

・業態C「地元の素材を使った共同の加工所」

大事なことは、「(現在地域にあるものの中から)残したい・増やしたい資本」を決め、そこに「自分の持っている資本(技術、経験・体験、ネットワーク等)」を最大限に生かしつつ、「業態」を決めていくことです。言い換えるなら、「地域資源」と「私資本」の掛け算によって、いかにして地域の大切な食(材)を残し、増やしていくかを検討するものです。

 

受講者は、講師の按田さんによって、企画の性質や同一の価値観を持った4〜5人のグループ5班に分けられ、メンバー各人の考えた課題をメンバー間でプレゼンテーションしつつ、最終的にアイデアを一つに絞っていきました。

海のエリアと山のエリアの食材を物々交換によって成立させる暮らし。地酒と静岡特有の缶詰をリソースにした「角打ちバル」。静岡茶葉をがっつり使う料理の加工場の提案等々、アイデアを実現していく場を、静岡県の地図にマッピングしながら検討していきました。

 

2013年に和食がユネスコ世界無形文化財に指定され、同じ年、「静岡の茶草場農業」が、2018年には同じく、「静岡水わさび伝統栽培」が世界農業遺産として認定を受けました。静岡県を軸足に活動していくアートマネージャーにとって、もはや「食文化」を抜きにして、地域の課題は解決できないでしょう。