11月19日「広告×ジェンダー」のワークショップを開催しました

11月19日、「あざれあ(静岡県男女共同参画センター、指定管理者:あざれあ交流会議)」を会場に、「広告×ジェンダー」のワークショップを行いました。今回は、あざれあとの共同企画という位置づけでの実施です。

講師は、株式会社ポーラの宣伝部長 渡邉和子さん、「POLAリクルートフォーラム」のキャンペーンを担当されているクリエイティブディレクターの原野守弘さん(株式会社もり)、コピーライターの山根哲也さん(株式会社ライトパブリック)、加えてこの映像を取り上げて議論の場をつくりたいと提案してくださった、あざれあ交流会議理事の滝和子さんの4名です。
前半は、4名の講師陣によるパネルディスカッション、後半はそれを受けてのワークショップの2部構成です。

パネルディスカッションは、ポーラが制作したリクルートフォーラム用の映像を、その企画意図、反響、社会と社内の変化、ジェンダーの世界的な歴史・動き等を重ねながら意見交換をしました。(以下、3本が課題になったポーラの映像)

後半のワークショップでは、主にアートマネジメントの現場に潜んでいるジェンダー問題を注意深く振りかえるという課題に取り組みました。
そもそも才能や実力が重視されるアートの現場では、女性も男性も分け隔てない、という傾向が他の現場よりも強いかもしれません。一方で、だからこそ逆に一般を対象におこなうワークショップや催事などでは、その視点が忘れられがちになります。

今回は、いつものワークショップよりも受講者が相当混乱したようにも見受けられます(受講者がSNSで対話するシーンが散見されました)。何よりもこのワークショップ全体が目指す、答えがひとつに決まっていない課題に向き合うことで、「カンバセーション(会話)」ではなく「ダイアローグ(対話、議論)」が生まれる、そんな機会となったことは大きな成果だったとおもいます。

11月5日「美術ⅩⅢ」のワークショップを開催しました

 11月5日(月)に、美術分野のワークショップ「Wondering: Childhood Memoir」を開催しました。ファシリテーターは、フィリピンのアーティストで大学教員のノエル・エル・ファロルさんです。ファロルさんは、美術展「めぐるりアート静岡2018」の招待作家として、市内の中勘助文学記念館で作品を展示しています。作品は中勘助の代表作『銀の匙』を踏まえ、人々にとっての記憶・時間・記録をテーマにしています。
 ワークショップは主に英語で行われました。
 内容は『銀の匙』のように、受講者が自らの幼年期を回想し、日々の暮らしのなかで経験した、心に残る出来事を絵に表し、言葉に記すというものです。

 導入として、静岡大学の白井さんによる講師紹介があり、そこではファロルさんの美術家としての幅広い活動が紹介されました。続いて、ファロルさんがワークショップの内容を紹介し、白井さんから内容を記した日本語のプリントが配布されました。
 活動1(絵を描く)
 まず受講者は目を閉じて、幼年期を回想するところからスタート。
 そして下描き用のA4コピー用紙が配布されました。すぐに描き始める人、なかなか始めない人など、動き出しは人によって様々。次いで、本番用としてA3のやや厚めの紙が配布されました。二つに折って、見開きの左側が絵、右側が言葉のページ。まずは思い浮かんだ、幼年期の出来事を絵で表します。
 活動2(物語を記す)
 次いで、右側のページに、その場面について言葉を添えていきました。活動1と活動2は連動しているので、ほぼ同時に行うケースが多かったように思います。
 絵を描き文章を書き終えた人から、題名をつけて作品を提出。事務局では、スキャナーを使って画像としてPCに取り込み、またグループごと人数分だけカラーコピーをとっていきました。

 昼食を挟んで、午後はそれぞれの「回想」が発表されました。時間の関係で、グループごと各1名、全部で5名のプレゼンが行われました。通訳は主に白井さんが務めました。
 仕上げは、製本の時間。グループごとに、カラーコピーをクリップで綴じて冊子にまとめ、その後、他グループの冊子を見て回るなどの交流をし、和やかな時間が流れました。受講者のオリジナルの作品は、ファロルさんに提供され、それは現在開催中の中勘助文学記念館にて展示されることになります。展覧会終了後はフィリピンに持ち帰られ、しっかりと製本され、受講者の書いた文章がファロルさんが勤務する大学の日本語コースの学生によって英語に翻訳される予定です。
 本ワークショップによって、参加者は自分自身の『銀の匙』に気づくとともに、それを形にし、広く他者と分かち合うことができるという気づきを得ることができたように思います。